忍者ブログ
好きな映画、音楽などマイペースにつづってます★
[1] [2] [3] [4]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2月25日。@なんばhatch。
ジェイソン、昨年の夏に引き続きの来日!
グラミーの舞台にも立った彼ですが、
やはり素晴らしいステージを見せてくれました。


 +setlist+

1. Make It Mine
2. Build Me Up Buttercup
3. (medley) You And I Both
       ~Sleeping to Dream
4. Who Needs Shelter
5. Clockwatching
6. Peg
7. Love For A Child
8. Unfold
9. Live High
10. The Remedy (I Won't Worry)
11. Dynamo
12. I'm Yours
  +encole+
13. Boy's Gone (solo)
14. A Beautiful Mess
15. No Stopping Us
16. Butterfly


だいぶ前ですが、今でも感動が蘇ります。
やはり彼のパフォーマンスは最高でした!

2曲目にやってくれた「Build Me~」はThe foundationsの、
6曲目の「Peg」のはスティーリー・ダンのカバーでした。
そのButtercup歌ってるときのジェイソン…
超楽しそう!!ほんでめっちゃいいカバー!!
この曲は映画『メリーに首ったけ』で使われていたので、
知ってる人も多いかもですね。

今回以外だったのは、「Who Needs Shelter」と
アンコールの「Boy's Gone」(ギター弾き語り)でしたね。
特に「Boy~」は感動しました。やってくれるなんて~(感涙)

私が3rdアルバムの中でも特に好きな、
「Love For A Child」「A Beautiful Mess」は何回聴いても
最高ですな~。涙が出るほどいい曲で、美しい曲です。

最後の「No Stopping Us」「Butterfly」ではみんなで一緒に
踊り、ジェイソンはポラで客席やバンドメンバーの写真を
撮り続けます。演奏しながら。
ほんでその写真を客席に投げるのです!
これ彼のライブの恒例行事。笑
私も毎回がんばって手伸ばしますが、無理です…埋もれます。涙

ライブ終了後、彼は「オツカレサマデシター!」と叫び、
お辞儀をして帰っていきました。お疲れー♪ありがとう!


私と友人は最後の方にライブハウスを出ました。
と、会場出てすぐのところに人だかりが。

なななんと、ジェイソンのバンドメンバーの、
フォーン隊3人組がファンのみんなと雑談しているー!

おいおい出てくんの早いな。大丈夫?笑
とか言いつつもちゃっかり一緒に写真撮ってもらいました♪
うわーい!!


それにしてもジェイソン最高だー。放心状態だー。
なんかコールドプレイ、トラヴィス、ジェイソン・ムラーズと、
2月はすごいライブの連続で…どうしたもんか…
もう今年はこれ以上のライブに出会えない気がするー!
というか9割出会えないと思う。それぐらい素晴らしいライブでした。


←The Foundationsのカバー「Build Me Up Buttercup」の映像
←私の大好きな「Love For A Child」。名曲にもほどがある。


PR
ちょっと前になりますが。
2月24日@zepp osaka、行ってきましたトラヴィスのライブ!

夏フェスではちょくちょく来日していた彼らですが、
単独来日は10年ぶり!10年前て私小学生くらいやーん。


 +setrist+

1. Chinese Blues
2. J.Smith
3. Selfish Jean
4. Pipe Dreams
5. Re-Offender
6. As You Are
7. Something Anything
8. Long Way Down
9. Love Will Come Through
10. Closer
11. Side
12. Driftwood
13. Falling Down
14. Sing
15. Writing To Reach You
16. Indefinitely
17. Song To Self
18. Before You Were Young
19. Turn
 +encole+
20. Sarah
21. Ring Out The Bell
22. My Eyes
23. Flowers In The Window
24. Why Does It Always Rain On Me?


姉と参戦。かなり前方の舞台向かって右、ギターのアンディ側でしたが、
左側のベース、ダギーまでよく見えるポジションでした。

まず思ったこと。
新作の「Ode to J. Smith」が今までのアルバムと音違い過ぎて
若干戸惑いましたが、オープニング2曲(「Ode~」から)を聴き、

「めっちゃかっこええやんけー!」

と心の中で絶叫。(声に出てたかも)
この新作からは他に、「Something Anything」、「Long Way Down」、
「Song To Self」、「Before You Were young」、「Sarah」
が演奏されましたが、どれも…っ最高。

今までの曲たちが大好きだった私にとって、
最新アルバムはちょっと「??」って感じだったのですが、
普通にかっこよかった。このアルバム好きになりました。
ってかトラヴィス地味に演奏うま。

そんな最新曲からのスタートでテンション上がり、
その次の「Selfish Jean」で踊り、
『Aaaaaaaaaah…Selfish Jean!!』と歌い、
「Pipe Dreams」「Re-offender」の美メロに酔いしれ、
「As You Are」のアンディのギターソロに聴き入り、
その後またまた最新曲のかっこよさに目覚めました。

「Love Will Come Through」では、ヴォーカルのフランが
「次の曲は3拍子だから、左右に体をゆらして~」
と説明。そして「いちにっさん、いちにっさん・・・」と
日本語で数えながら、お手本で揺れて見せてくれました!かわゆす。
ちなみに私この曲大好きなんです。やってくれて感謝。

「Closer」では最後のサビのところで急に演奏がぴたっと停止。
アンディがこちらにマイクを向けて、「歌って~」の合図。
全員で…『Closer...closer...lean on me now』と大合唱♪

その後も、ど名曲の数々のオンパレード。
「Falling Down」ではなんと!フランが客席に降りてきて
観客のど真ん中で熱唱。それをダギーが笑顔で見つめる。笑

そして名曲にもほどがある、「Turn」で一旦閉める。
泣きそう…もう勘弁してくれー。

ってかトラヴィス、アンコール出てくんの早っ!
最初はフランの弾き語りの「Sarah」、その後メンバーが出てきて
ベース、ダギーがボーカルを務める「Ring Out the Bell」!
ダギー男前っ!でも声甘っ!

そして次の「My Eyes」。大好きな曲ですが、まさかやってくれるとわ!
フランが「My Eyes」って言った瞬間、2人となりのお兄ちゃんが
「ぅおぉっ!」と思わず声に出してらっしゃいました。笑

定番の「Flowers in the Window」は、メンバー4人全員+キーボードのクラウス君が舞台中央に集結。アコギを抱えたフランの周りで肩を組み、全員で歌う!

この曲の時、フランが「Switch off the mike!」と言い、
「今からアカペラで歌うからみんな静かにしててー!」と。

ななななんと!アカペラて!
で、いざ歌いだすと、みんな大好きな曲だからついテンション上がって
拍手とかやっちゃうわけですよ。そしたら…

フラン:「No no no no~!」
と演奏を緊急停止。「聴こえないから~(汗)」と言い、
「(指パッチンしながら)これにして~!」とやり直し。笑
超最高~微笑ましい~楽しい~!

最後の雨歌こと「Why Does~」では、
間奏のときまたしてもフランの指示が。
フラン:「最後のサビのとき、全員思いっきりジャンプして!
     僕が合図したらやって!二階の人も!」 

よっしゃー!やったろやないけー!
最後のサビが近づくにつれて、みんながそわそわしているのが分かります。笑
そして大サビの直前…フランが「Hold on...hold on!」とみんなを落ち着け、
「Come on!!!」と叫んで全員歌いながらジャンプ!
メンバーも全員ジャンプ!(ドラムのニール以外。笑)


いやはや演奏だけで大感動なのに、

フラン:「サマーソニックやフジロックでは来日してきたけど、
     単独は10年ぶり!気づいたら10年も経ってたんだ。ごめんね。
     僕らのホームはすごくすごく遠いところだけど、
     今夜はここがホームみたいだ。みんなのおかげでね。
     今度来る時はこんなに時間がかからないようにするから!
     またすぐに会おう!」

と言ってくれたんですよー。泣けるわー。
ほんまにまた早く来日してください。頼みます!
欲を言えば今度はアルバム曲もいっぱいやってほしい…笑

とりあえず、iPodにセトリ順のプレイリスト作って、
まだまだ余韻に浸っております♪


久々に長い日記だなぁ~。

←「Flowers in the Window」のライブ映像。
    私が行ったライブと同じような形で演奏されます。
    ちなみに…途中でハプニングが。笑
    それも微笑ましー!
2月15日。
行ってまいりました、神戸ワールド記念ホール。
前回のインテックスよりちょい小さい感じの会場でした。

今回はオープニングアクトもあり、
舞台のつくりもちょっと変わっていました。
ファッションショーとかでモデルさんが歩くみたいな細長い舞台が
正面の舞台の向かって右手からアリーナに伸びてて、
私はそのすぐ左隣の前から4列目の辺りを確保!

そして私の位置からはよく見えなかったんですが、
後ろの方にも一つステージがありました。

ではセトリです。

01. Life in Technicolor
02. Violet Hill
03. Clocks
04. In My Place
05. Yellow
06. Cemetries of London
07. Chinese Sleep Chant
08. 42
09. Fix You
10. Strawberry Swing
11. God Put a Smile Upon Your Face
12. Talk
13. The Hardest Part
14. Postcards From Far Away
15. Viva La Vida
16. Lost!
17. Speed Of Sound
18. I'm a Believer
19. Politick
20. Lovers in Japan
21. Death And All His Friends
 -encole-
22. The Scientist
23. Life in Technicolor Ⅱ


開演前、薄く黒いベールのような幕が舞台に張られており、
暗い中4人が花火を持って登場!

幕の奥で4人が大きく腕を振り、花火の光がぐるんぐるんします。
ヴォーカル・クリスが幕の横から飛び出して、
客席に花火を掲げてご挨拶。私のすぐ横でした。

そこからLife in Technicolorが響き、曲の終わりで幕が落ちます!
ほんでViolet Hill!!クリスの歌声で客席のテンションMax!!

私は舞台に向かって右側、ベースのガイ側でした。
反対サイドにはギター・ジョニー、真ん中にクリス、
クリスの後方にはドラムのウィル。という配置。

ってか始終ガイを拝めるこのポジション…
前回もこのポジションでしたが…どんだけラッキーやねん!

In My Placeでは右手の細長い舞台にガイ、ジョニー、クリスが集結。
なななんと私の真横で演奏!!もう泣きそう…
間奏の途中で「ジョニージョニージョニー!笑」と
ジョニーをフュチャーしようとしてるとこがかわいかった。笑

In My Place, Yellow, Fix Youなどのちょい昔の定番曲は
もちろんみんなで大合唱♪超楽しかったです!

私の中では、今回のアルバム、「Viva la Vida and Death and All His Friends」の中の曲、Cemetries of London, 42, Violet Hillなどがめっっちゃかっこよくて、さらに好きになりました。

11から15曲目までは横の舞台に4人移動しての演奏。
God Put a Smile Upon Your FaceとTalkのダンスバージョンは
かなりかっこよくて、こっちのアレンジも良いな~と思いました。

Speed of SoundとI'm a Believer(モンキーズのカバー)は
後方の3つめのステージでみんなでギター持って演奏。
一つのマイクを分け合って歌う!微笑ましい…

そしてLovers In Japanですよ。
なんと上空から蝶々の形の色とろどりの紙ふぶきが!
♪Dreaming of Osaka sun~!

そしてアンコール。
the Scientistのイントロでクリスが何やら日本語で言おうとしたらしく、


「★○$%&!…ひゃっくぅぅ~…?」


???????


多分あの瞬間全員ぽかんとしてましたね。ええ。
クリスも直後恥ずかしそうに笑いながら首振って、
「今のなし~!」みたいな感じでした。

その後歌途中で、
「♪~きみはひゃくまんどるのえがおぉぉぅぅ~」
とかなんとか歌詞変えて言ってました。

!!!!!

それが言いたかったのね…
MCでも、日本語難しいからあんま言いたくない…
的なこと言ってたのに、がんばってくれてありがとう。笑

ってか誰に教わったのよそのフレーズ。あんま使わんよそれ。


今回のライブは、前回とは全く違う印象だなーって感じでした。
ライブの見せ方も違うし、演奏も前と違う。

曲も前までの曲とちょっと違う音やなーって
初めて今回のアルバム聴いたときも思ったけど、
演奏生で聴いて、クリスが言ってたみたいに、
ギターの音がうるさく鳴ってる感じやなって思いました。

なんか前よりもバンドサウンド的っていうか、
新しいことやろう!って思ってるんかな?
なんか新しい曲にかなり力入れて演奏してる感じやったし。笑


はぁーそれにしても…
まだまだ余韻に浸ってます。最高でした。
あんなに近くで見れたしー!めっちゃかっこよかったしー!

最高でした。ぜひまた来てほしい!


やばいやばい。新年早々更新さぼるとこやった。
てなわけで(?)去年最後に行ったライブのレポします。
せっちゃんです。和義さんです。


12月4日 @zepp osaka

★セトリ★

1.僕の見たビートルズはTVの中 
2.男節
3.Hey! Mr. Angryman
4.Baby, I LOVE YOU
5.空に星が綺麗
6.嫌いになれない
7.おつかれさまの国
8.やぁ 無情
9.ハミングバード(弾き語り)
10.アゲハ(弾き語り)
11.彼女(弾き語り/リクエスト)
12.Rain Rain Rain(弾き語り/ウクレレ)
13.誰かの冬の歌
14.約束の十二月
15.何もないテーブルに
16.歌うたいのバラッド
17.ポストにマヨネーズ
18.ささくれ
19.劇的な瞬間
20.FIRE DOG
21.COLD TUBE
22.I Love Me

ENCORE 1
23.DON'T WORRY,BE HAPPY(新曲)
24.君の顔が好きだ

ENCORE 2
25.幸福な朝食 退屈な夕食
26.歩いて帰ろう


いやぁかっこよかった~下ネタ爆裂やった~。

今回は15周年記念ライブって感じやったんかな?
そのへんせっちゃんもよく分かってない感じでした。笑
昔の曲もがんがんやってくれて、感動でした。

いきなりビートルズでテンション上がり、
次の「男節」で早速涙腺がゆるみ、しょっぱなから大忙し。笑
それからはもう…なんでこんな名曲ばっかなんや、この人。

せっちゃんの「一人コーナー」(つまり弾き語り)も最高。
「ハミングバード」は大好きな曲やったのでじっくり聴いていたら、
その次に「アゲハ」!もう休むヒマがありません。
前方のお客さんが「『彼女』やって!」とかなんとかリクエストしたため演奏♪
ナイスです、お客さん。ど名曲ですな、「彼女」。
「Rain Rain Rain」はウクレレで弾き語り。
彼はある雑貨店でこのウクレレを2000円でゲットしたらしいのですが、
ネットで調べたところなんと30万くらいするビンテージものだったことが発覚!
ウクレレを眺めながら「2000円…」とつぶやいてました。笑

そして私がこのライブで特によかったと思うのが、「約束の十二月」。
演奏はハードな感じで、かっこいいんですが、詞が切ない…
この曲聴いて泣いたことなんてないけど、泣けました。
やっぱ生はすごいな。心に響きます。

そっから「ささくれ」~「I Love Me」のながれ…かっこよすぎる!
ロック!バラードのギターもかっこいいけど、やっぱロックなせっちゃん素敵!

アンコールでやってくれた未発表曲も楽しくて、良い曲でした。
「♪そんなにたいしたことじゃない Don't worry、 Be happy」
て歌ってたと思う…せっちゃん曰く、「お気に入り♪」な曲だそうです。

「君の顔が好きだ」はまたエロアレンジしてたな~。
私の口からはとてもじゃないけど言えません…笑

「幸福な~」でまたテンション上がった~♪かっこよす~!
そして「歩いて帰ろう」で大合唱!楽しすぎる~。


ほんまに名曲ぞろいのライブでおなかいっぱい。
「男節」とかCDで聴いたときはそんなに「いい曲やぁ」って思わんかったけど、
生でせっちゃんの歌声聴いてると、「じーん」ときて、涙すらでそうになる。
「めっちゃいい曲やなぁ」って心から思いました。

これが「歌力」ってやつかなぁ!やっぱせっちゃんはすごい!
上手く言えないけど、ライブに来たら分かると思います。笑

なんか正直で、人間臭さ(汚いところも含め)があって、
それでも人の愛を感じるいい曲がいっぱいあるなぁって思いました。

2008年最後のライブが和義さんのライブで光栄でありました。
今年も音楽と共にがんばるぞっ!

10月2日(木)。行ってきました。レディへのライブ。
初!人生初レディへ!!バイト中も若干興奮気味。笑
で、その興奮のまま会場へ…

ちょい遠かった…でもそんなこと関係ないくらい、すごかった。


*setlist*

1 Reckoner
2 Optimistic
3 There there
4 15 steps
5 All I need
6 You and whose army
7 Apreggi
8 The groaming
9 Videotape
10 Morning bell
11 Faust arp
12 No surprise
13 Jigsaw
14 Idioteque
15 National anthem
16Nude
17 Bodysnachers

Encore1
18 Airbag
19 Knives out
20 Just
21 Where I end you begins
22 Planet telex

Encore2
23 Fog
24 Karma police
25 Everything

こんな感じ!
あぁ…生でNo Surprises, Karma Policeを聴いたときには…
そりゃもう…鳥肌もんですよ!!

しかも意外と(?)優しくて、ダブルアンコール!!涙
そんであの曲たちをやるなんて…神か、あなた方。

そしてfogにいたっては弾き語り!
やられた。トム・ヨークにやられた…
彼のダンスも相当な破壊力でしたが。笑

私はピコピコ系の音より、ギターの音がでかい曲の方が好きなんですが
なんかピコピコでもいーや、とか思ってしもた。笑
だって良い曲は良いんだもーん。

個人的にはThere Thereがよかった。めちゃかっこよかった。
なんかライブの間中、異空間にいるみたいでした。
なんつーか、この世のものとは思えない?みたいな。

なんだか、レポとは言いがたい内容ですが…(ってか毎回そうやけど)
とにかくすごいもん観ました。なんか今思い出してもぞくっとする。


あーこんな感じでトラビスも来日しないかなぁ。

7月30日。行ってきました。
大好きな…ジェイソンのライブ!

*setlist*
1.Make It Mine
2.The Remedy (I Won't Worry)
3.Love for a Child
4.Live High
5.Only Human
6.Geek in the Pink
7.If It Kills Me
8.Beautiful Mess
9.Lucky
10.The Dynamo of Volition
11.Butterfly
12.I'm Yours

*encole*
13.Bella Luna
14.Not So Usual
15.No Stopping Us


姉と共に参戦しました。
なんと舞台向かって右側の最前列、
パーカッショニスト、トカ・リベラ氏のまん前の陣取りました!

トカはずっとジェイソンのバンドでパーカッションやってるごつい黒人さん。
3年くらい前にジェイソンのライブ行ったときに、
会場近くのコンビニでライブ前に遭遇!!
緊張のあまり声掛けられんかった…無念…

トカは今回めっちゃ近かったから、何回かこっち見てくれて、
「イエーイ!!」て腕上げたり、ピースしたらちゃんと
「イエーイ!!」仕返してくれました♪感動…

そしてライブですが、やっぱり、歌うまい!バンド最高!
特にlove for a child、beautiful messはすごく良かったです。
ジェイソンの歌唱力が際立ったし、何よりいい歌!!

ホーン隊3人組もめっちゃかっこよくて、
トロンボーンの人と何回も目が合ってにこにこされた…(照)
そして舞台から消えていきなり二階席に表れて演奏始めたり、
かなりおもろいパフォーマンスでした!

それからジェイソンは、いつものようにthe remedyのときに
oasisのwonderwallをミックスさせて唄ったり、
I'm yoursのとき、「♪This is the message from Jason to you~」
と唄い、「♪Every litle thing gonna be alright~」
とボブ・マーリィの曲をミックスさせて唄っていました。

ライブならではのアレンジは今回もやはり最高。
ライブの度にそのアレンジは毎回変化していて、
その時々で違った楽しみがあるのが彼のライブです。

しかし、それだけじゃなく毎回ライブ行く度に彼の歌力もアップしてて、
どんどん人への愛、音楽への愛が濃くなっているように思います。
だからあんなにこっちを幸せにできるのではないかなぁと。

本当に気持ちのよい空間で、最高に癒されました。
あんなに楽しくて、暖かくて、幸せなライブは他にない!

また早く来日しないかな~♪



↑youtubeの動画に飛びます。
ジェイソンはライブでの写真、動画の撮影を全て許可しています!
なのでyoutubeにはファン撮影によるライブ動画が数多く存在。
ジェイソンの公式チャンネル、Jason TVなるものも存在します。
興味のある方は観てみてね~♪癒されますよ。かなり。

ちなみに動画はライブで最高だったBeautiful messです。

この前MUSICA立ち読みしてたら、
ACIDMANのライブの記事載ってたから、
「私も行ったなぁーこれ。」と思い出したので(?)感想書きます。


  *setlist*

1.Life(the beginning)
2.REMIND
3.ストロマトライト
4.swayed
5.Ride the wave
6.River
7.式日
8.赤橙
9.街の輪郭
10.彩-SAI-(前編)
11.彩-SAI-(後編)
12.room NO.138
13.WALK
14.オールドサンセット
15.FREE STAR
16.金色のカペラ
17.world symphony
18.ある証明
19.UNFOLD
20.TO THE WORLD'S END
  *encole*
21.アイソトープ
22.Your Song


7月6日。全体的な感想を言わせてもらうと…
まず思ったことは、かなり演奏うまいなぁ!ということです。
私みたいな素人にも感覚的にわかるんです。多分。

やっぱこの人たちの曲はメロディがすごい綺麗で、
インストの曲が恐ろしくいいなぁ!と改めて思いました。
サトマさんのベースが素敵だった…

あとこの日は演出もすごく良くて、照明がすごいかっこよかった。
特に「unfold」の後ろから光が当たって
スモークの中に3人の姿が浮かび上がるところとか、
「FREE STAR」のイントロ始まった瞬間、天井がまるで星空みたいになって
場内がその星に照らされて明るくなるところとか。


そして曲などについて。

私的には、「Ride the Wave」、「River」の流れやばかったです。
特にRiverはやっぱりいい曲だなぁと再確認。

そして「赤橙」のイントロでは思わず叫びそうやった…感動で。
彼らとの出会いの曲でもあり、大好きな曲です。あぁやっぱかっこいい。

あと最高に盛り上がったのは「FREE STAR」。
先ほども書いたように照明が素敵でした。
そして間奏がかっこいい!煽ってくる大木さん&サトマさんも最高、
演奏ももちろん最高。

そしてMC。サトマさんが結構しゃべった!!
サトマさんは「休日は普段しないようなおしゃれを楽しみたい」らしく、
以前いつも絶対しないようなギャル男な格好でチャリンコに乗っているのを
大木さんに目撃されたらしい…

そして一吾さん…どうやらmixiで自分のコミュ参加人数より、
サトマコミュの人数の方が多くて大ショックだったらしく、
どうにかして自分のコミュ人数増やそうと、
サトマさんの株を下げようと企んでいましたとさ。
最悪だなぁ。だからゲイっぽいとか言われるんだよ。笑

さらに一吾さんのだだすべりトークのせいで、大木さん心が折れる…
うちらもだいぶやられました。もちろんここでも書けません…


あぁーなんか長くなりましたが、素晴らしくかっこよかった。
今年もCDJ出たら絶対観たいなぁー。


「何なんですか?その話は。(to 一吾)」 by サトマ
扱いがひどい…

プロフィール
HN:
はな
性別:
女性
自己紹介:
関西に住む映画と音楽を
こよなく愛す20代のおなごです。
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[04/25 はな]
[04/14 しん]
[02/05 はな]
[01/29 なっつん]
[01/06 はな]
最新トラックバック
(03/31)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
○photo by hanamaru.○