忍者ブログ
好きな映画、音楽などマイペースにつづってます★
[261] [260] [259] [258] [257] [256] [255] [254] [253] [252]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ついに・・・ついに3作目ですねー!
またしても素晴らしい出来・・・感涙です。


*story*
アンディと楽しい時間を過ごしてきたおもちゃたち。しかし、17歳になったアンディは、すでにおもちゃで遊ぶこともなくなり、また大学へ進学するため引っ越しの準備をしていた。そして、アンディの一番のお気に入りだったウッディだけが彼の引っ越し先へ持って行かれることとなり、バズや他のおもちゃたちは屋根裏部屋行きに。だが、ある手違いで危うくゴミに出されるところだった彼らは、ウッディの説得もむなしく、サニーサイドと呼ばれる託児施設行きを決断する。ロッツォというクマのヌイグルミに迎えられ、新たな遊び相手が出来たことを喜ぶ一同。ところがそこは、おもちゃを破壊する凶暴な幼児ばかりの、おもちゃにとってまさに地獄といえる場所だった。ひとりその難を逃れていたウッディは、仲間たちの危機を知り、急いで彼らのもとへと向かうのだったが…。



見てくださいよ、このウッディのさみしそうな顔。。

せつなーい!!!


それにしても、とても誠実に作られた映画だなぁって感じです。

描こうと思えば、アンディをいつまでも子供に設定して、
楽しいおもちゃたちの大冒険劇も描けたはず。

でも、現実と時間設定を同じにし、アンディを成長させ、
人が成長するとはどういうことか、きちんと描いていました。

もちろんアンディと同じに、おもちゃたちも、私たちも成長しています。
「1」公開時なんて私小学生ですからね!

その頃からこの映画を観ているから尚更、
時の流れをリアルに感じるし、せつなさや感動もひとしおなんですねー。
自分が子供だった頃とか思い出しちゃったりして・・・

観ている人たちときちんと向き合って作られた、誠実な作品でしたわ。
ピクサーに脱帽です。。


でもこのキャラたちにもう会えないのはさみしいですねー。
ウッディも好きだけど、バズが・・・いい!

忘れられないのは・・・

「子供たちと遊ばないで何がおもちゃだ!」
(「2」で博物館行きを決めたウッディに対して言ったセリフ。確かこんな感じ)

これ!この熱きおもちゃ魂!
「1」ではスペースレンジャーだったのに。えらい変わりよう。。
彼は近作でもおもちゃ道を貫いてましたよ。ナイスおもちゃ。

新キャラもかわいくておもろいですよ~必見。
PR
Comment
Name
Subject
Colr
mail
Url
Comment
Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
はな
性別:
女性
自己紹介:
関西に住む映画と音楽を
こよなく愛す20代のおなごです。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/25 はな]
[04/14 しん]
[02/05 はな]
[01/29 なっつん]
[01/06 はな]
最新トラックバック
(03/31)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
○photo by hanamaru.○