忍者ブログ
好きな映画、音楽などマイペースにつづってます★
[252] [251] [250] [249] [248] [247] [246] [245] [244] [243] [242]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

これも2月に観た映画ですー。
久々に私のツボにヒットした作品でしたー。

オサレ女優ズーイー・デシャネルが出ていますー。
・・・かわいい。


*story*
グリーティングカードの会社に勤める建築家志望のライター、トム(ジョセフ・ゴードン・レヴィット)。彼はある日、アシスタントとして入社してきたサマー(ズーイー・デシャネル)に一目惚れしてしまう。それが彼にとって運命的に出会った彼女との1日目だった。そして4日目には、エレベーターの中で好きな音楽の話をしたことをきっかけに、2人は会話を交わすようになっていく。28日目、トムはサマーに彼氏がいないことを知る。しかし、“恋人なんて欲しくない。誰かの所有物になるなんて理解できない”と語る彼女は、愛というものを信じていなかった。それでも、これを機に友達としてつきあい始める2人。34日目、デートのさなか、“真剣につきあう気はない”と伝えるサマーに対しトムは“気軽な関係で構わない”と答え、2人の距離感が縮まっていく。そんなトムとサマーの淡くも良好な関係は、ずっと続いていくかに思われたが…。





やっと・・・やっとデシャネルの魅力全開の映画が出てきましたねぇ!
私は『銀河ヒッチハイクガイド』の彼女も好きだけどー。

でもジョセフ・ゴードン・レヴィットもかわいかった・・・
アホな役だったけど。笑


愛を信じる単純で分かりやすいトム。

彼を通して、私たちは恋がどれほど楽しく、
どれほどしんどいか、はっきりと、リアルに見せられます。

一方、愛を信じず、恋人とは軽い関係を望むサマー。

しかし、そんな彼女こそが最も真実の愛や運命を信じたかったのでは・・・
そんな風に見えましたねー。

そこで最後に学んだことは、トムとサマーで大きく違っていましたね。
運命そのものを信じるか、それとも運命を引き寄せる自分を信じるか・・・


いやそれにしても。
恋愛の一喜一憂なんて大抵の人が経験してるもんです。
トムに限らずね。

でもそんな「ありきたり」なお話を、いかに表現するか・・・
これがおもしろい映画とそうでない映画の境界線ではないでしょうか。
(それは音楽とかにも言えると思うけど)

もちろん、よかったですよ。『(500)日のサマー』は!


サントラもすごいよくてねー!
いまだにヘビロテです。
 

PR
Comment
Name
Subject
Colr
mail
Url
Comment
Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
はな
性別:
女性
自己紹介:
関西に住む映画と音楽を
こよなく愛す20代のおなごです。
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[04/25 はな]
[04/14 しん]
[02/05 はな]
[01/29 なっつん]
[01/06 はな]
最新トラックバック
(03/31)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
○photo by hanamaru.○