忍者ブログ
好きな映画、音楽などマイペースにつづってます★
[251] [250] [249] [248] [247] [246] [245] [244] [243] [242] [241]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2月に観た映画です。
スパイク・ジョーンズ監督作品。


*story*
やんちゃな8歳の少年マックス(マックス・レコーズ)は、シングルマザーの母と姉との3人暮らし。最近、姉も母もかまってくれず寂しさがつのるマックス。ある日、大好きなオオカミの着ぐるみを着て悪さをしていたマックスは、ついに母を激怒させてしまう。自分の気持ちを分かってくれない悔しさから、マックスはそのまま家を飛び出してしまう。無我夢中のままボートに乗り込み、大海原へとこぎ出してしまったマックスは、やがてどこかの島へとたどり着く。なんとそこには、大きな体をした不思議なかいじゅうたちがいっぱいいた。そして、ひょんな成り行きから王様として迎えられたマックス。さっそく、みんなが幸せになれる王国づくりに乗り出すのだったが…。




モーリス・センダック原作のベストセラー絵本、
『Where The Wild Things Are』 の実写映画版です。

お恥ずかしながらこの絵本を読んだことはありませんが、
スパイク・ジョーンズの世界は、すごくすごーく、深かったです。


まず。
これは子供とかいじゅうの交流の話ではありません。
子どもの気持と成長を描いたお話だと私は思ってます。


どうしようもない孤独を抱えるマックスは、
なぜか、大きな体のかいじゅうたちと出会います。

そこにいたキャロル(声:ジェームズ・ガンドルフィーニ)は、
まるでマックスそのもの。

さみしくてどうしようもなくて、周囲と上手くやれない。
どうしたらいいのかわからない。
自分が傷つくのが怖いから、相手を傷つけてしまう。

そんなキャロルたちとの交流をとおして、
マックスは自分を見るのです。

家に帰ったマックスはきっと、少しゆったりとした、
やさしい子になっているかなぁと思います。

自分の気持ちだけでなく、
相手の気持ちも思うことができる子になっているのではないかなー
・・・と、映画館を後にしつつ考えておりました。


いやぁ・・・とても細やかな映画というか、ジーンときました。
(こんな表現しかできなくてふがいない・・・)

それに主題歌がかわいい!
ヤー・ヤー・ヤーズのカレン・Oが音楽担当なのですが・・・
いいですぅ。なごみますぅ。
PR
Comment
Name
Subject
Colr
mail
Url
Comment
Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
はな
性別:
女性
自己紹介:
関西に住む映画と音楽を
こよなく愛す20代のおなごです。
カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/25 はな]
[04/14 しん]
[02/05 はな]
[01/29 なっつん]
[01/06 はな]
最新トラックバック
(03/31)
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
○photo by hanamaru.○